やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2021/08/03
オリンピック・パラリンピックの報奨金と所得税

[相談]

 先日テレビを見ていたら、このたび我が国で開催されるオリンピック・パラリンピックのメダリストに報償金が出ることを知りました。
 そこでお聞きしたいのですが、その報償金に所得税は課税されるのでしょうか。


[回答]

 オリンピック・パラリンピックのメダリストに対して支給される報償金に、所得税は課税されません。


[解説]

1.所得税法上の非課税所得の例

 所得税法上、社会政策その他の見地から所得税が課税されない所得(非課税所得)として定められているものには、次のようなものがあります。

  • 当座預金の利子
  • 遺族の受ける恩給及び年金(死亡した者の勤務に基づいて支給されるものに限る。)
  • 給与所得者に支給される通勤手当のうち、一定のもの
  • 外国政府や国際機関に勤務する人が受ける給料、賞与等で一定のもの
  • 皇室経済法の規定により受ける給付
  • ノーベル基金からノーベル賞として交付される金品

※ 宝くじの当せん金については、所得税法には非課税とする規定はありませんが、別の法律(当せん金付証票法)において「当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない。」と定められていますので、所得税は非課税となります。

2.オリンピック・パラリンピックの報奨金に対する所得税の課税の有無

 所得税法では、上記1.のほか、オリンピック競技大会又はパラリンピック競技大会において特に優秀な成績を収めた人を表彰するものとして、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(JPSA)から交付される金品についても、所得税が課税されないことが定められています。

 なお、JOCやJPSAの加盟団体からメダリストに報償金が支給される場合もありますが、こちらについても一定額までは所得税非課税とすることが定められています。

 具体的な金額等は、スポーツ庁サイトの「メダリストに対する報奨金の非課税措置について」でご確認いただくとよいでしょう。

[参考]
所法9、所令28、当せん金付証票法13、スポーツ庁ホームページなど


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



個人事業税の延滞金の必要経費への算入可否2021/07/27
未分割財産に係る所得税の確定申告を分割後に是正する必要があるのか?2021/07/20
電子帳簿保存制度の導入開始時期の検討2021/07/13
元従業員が源泉徴収票不交付の届出手続を行った場合の対応方法2021/07/06
新型コロナ関連/従業員への業務用マスクの配布費用の取扱い2021/06/29
団体信用生命保険の特約料の法人税法上の取扱い2021/06/22
暗号資産(仮想通貨)取引で生じた損失の取扱い2021/06/15
香典返しの購入費用と相続税2021/06/08
メール添付で受領した請求書等の2022年1月1日以後の取扱い2021/06/01
扶養親族が障害者である場合の、給与計算上の扶養親族等の数2021/05/25
固定資産税精算金がある場合の、空き家に係る3,000万円特別控除適用への留意点2021/05/18
青色事業専従者だけに掛けた定期保険の保険料の取扱い2021/05/11
特例措置により事前に休業等計画届を提出していない雇用調整助成金の収益計上時期2021/05/04
暗号資産(仮想通貨)同士の交換を行った場合の所得税の課税関係2021/04/27
相続税の障害者控除が適用できない場合とは2021/04/20
お問合せ
山本房弘税理士事務所
(元大岩公認会計士事務所)
〒443-0057
蒲郡市中央本町4番29号
(メゾン末広1階)
TEL:0533-68-3587
FAX:0533-68-7225
メールでのお問合せ